美容師の一日が知りたい!毎日行う日課とは

開店前の清掃を行って準備

美容師は、仕事が始まる前にお店の開店準備を行っていきます。美容室では、来店された方の髪をカットしていきますが、そのためには店内を衛生的に保たないといけません。開店前に掃除をおこなっておけば、来店された方も快適な状態で髪をカットしてもらえるようになるので、お店の評判も良くなります。また、掃除を行うことで仕事を行うための精神的な準備を行うことができるので、一日頑張ろうというやる気をみなぎらせる効果も期待できます。

美容師として施術を行っていく

開店準備ができたら、実際にお客さんの髪を整えていくことになります。髪に対する要望は、人によって違ってきますが、その要望を聞き、希望に合った髪形に整えていくことになるのです。カットからパーマ、カラーリングまで、様々な施術を行っていくことになります。また、敏感肌やアトピーなど、肌にトラブルを抱えている方でも安心して施術を受けられるように、慎重に対応していくことになります。昼間は、持っている技術を活かして働くことになります。

閉店後は技術向上のためのトレーニング

仕事が終わった後は、閉店準備を行っていくことになります。お客さんを送り出した後には、開店前のように清掃を行ったり、使った道具の手入れを行っていくことになるのです。明日もまた仕事が行えるように、必要な作業となってくるでしょう。また、美容師の仕事は日々新しい技術の習得に敏感でないといけません。そのためにも、閉店後の店内で技術習得のためのトレーニングを行う場合もあるのです。これらの努力で最新の流行技術を得られるようになります。

美容師の求人を探す方法には、卒業した美容師専門学校から紹介してもらう方法や、ハローワークや、求人情報誌や、求人情報サイトで探す方法などがあります。