フォークリフトの知識をつけて資格摂取に挑もう!

フォークリフトの誕生は古い

皆さんはフォークリフトについてどんな印象をお持ちでしょうか。派遣のアルバイトなどで倉庫内作業を経験されている人も多く、物流業界の仕事をしたことがある人ならフォークリフトが大活躍している現場イメージが強いのではないでしょうか。フォークリフト発祥の地はアメリカ、その昔は「腕昇降傾斜型運搬車」という呼ばれていました。1900年の半ばから存在していましたが当時の物流業界ではあまり必要とされていなかったということが分かっています。

フォークリフトの種類を学ぼう

カウンターバランスフォークリフトという名のリフトが一番使用されることが多いと言えます。座って乗る車タイプのフォークリフトと言えば分かりやすいでしょう。立って運転することができるフォークリフトをリーチフォークリフトと呼びます。タイヤが90度近く回るので直角旋回という技術を習得出来ます。カウンターバランスフォークリフトに比べると非常に小回りが利く機動力に長けたフォークリフトとして知られています。縦長構造ため転倒事故が多いのが欠点です。

フォークリフトはどこまで走れる?

フォークリフトは種類に関わらず会社の中の敷地内ならどこでも走行可能です。敷地内なら道路でも倉庫内でも自由に乗ることが出来ます。公道を走るためにはフォークリフトの資格証以外にも特殊自動車の免許証が必要になることを覚えておきましょう。フォークリフトの資格は比較的簡単に取ることが出来るので興味のある方は暇を見つけて受講してみてはいかがでしょう。現場で活躍するリフトマンはベテランですがベテランだって初めは初心者だったのです。

現在、物流現場でフォークリフトの求人が追い付いていないといわれています。しかし、資格があれば誰でも、というわけではなく、実務経験、安全意識は絶対に必要とされます。安全・品質が第一と言われるからです。